加飾椀

平筋

[加飾椀]
山中漆器の轆轤技術が他の追随を許さない理由の一つに豊富な「加飾挽き」の 技法が挙げられる。その技法はピッチや間隔の揃った平行筋と、呼吸を整え一気に刃物を動かす渦螺旋筋がありその数は40〜50種類あるとも言われている。 椀に刻まれた伝統の技法をお楽しみください。

The deep knowledge and rich experiences of wood turning techniques for decorating the surface of tableware distinguishes Yamanaka as a wood turning and lacquerware center. The basic wood turning techniques are divided into two types, one placing perfect parallel lines with some types of exclusive chisels, making it move one by one, and the other placing helical grooves with other types of exclusive chisels, making it move in a breath. It is said that there are 40-50 patterns produced by these techniques. Enjoy the traditional techniques that are inscribed on Decorated Bowl.

デザイナー
GATOMIKIO
材質
ケヤキ Zelkova
サイズ
φ107×71mm
カラー
Red / Black / 拭漆
仕上げ
ウレタン塗装
Polyurethane finish

¥5,500(税込)

カラー

購入数量
再入荷お知らせを受け取る ADD TO CART この商品について問い合わせる

加飾椀製品一覧

This website is not designed to be viewed with a tablet in landscape orientation.
Please turn the screen back to vertical to view it.

このウェブサイトはタブレットを横向きにしての閲覧に対応していません。
画面を縦に戻し閲覧してください。

Since this website does not support IE, we recommend browsing with Microsoft edge or another browser.

こちらのウェブサイトはIEに対応しておりませんのでMicrosoft edgeまたは、別ブラウザでの閲覧を推奨しております